プロフィール

主演 カリーヌ・ロワトフェルド

1954年、パリ生まれ。父はロシア人の映画プロデューサー。その美貌から、モデルとしてのキャリアがスタートし、ファッションへの強い関心から、スタイリストへ転身。トム・フォードと出会い、その後10年、
グッチからイヴ・サンローランに至るまで、共に歩んできた。20代でELLEの編集者となり、その後コンデストナスト社で、2001年からフランス版「VOGUE」の編集者として活躍。2011年に辞任した後、ハーパスバザーのグローバル・ファッション・ディレクターに就任。
クリスチャン・レストワンの間に2人の子供がいる。

フランス版「VOGUE」の編集長として10年、いま新たなる挑戦へ

映画監督、映画プロデューサー、ジャーナリストと様々な肩書を持つ。
様々なジャンルを手掛けながらも、ファッションをメインにドキュメンタリーをプロデュースし、活躍する。そのほか、カトリーヌ・ドヌーブ主演映画『Les yeux de sa mère』のメイキングの制作も手掛けた。
また、カール・ラガーフェルドとコカコーラ、メイシーズUSAがタッグを組んだビデオシリーズや、ロレアル・パリのキャンペーンで、ビヨセン、ジェニファー・ロペス、クラウディア・シファー、グウェン・ステファニーなどを起用したデジタル・コンテンツなども手掛けている。

ファッション界に旋風を巻き起こす、カリーヌ伝説とはー?

スティーブン・ガン、カール・ラガーフェルド、トム・フォード、リカルド・ティッシ、ドナテラ・ヴェルサーチ、ダイアン・フォン・ファステンバーグ、アレキサンダー・ワン、ジャン=ポール・ゴルチェ、ジョルジオ・アルマーニ、アルべール・エルバス、ブルース・ウェーバー、リンダ・エヴァンジェリスタ、ステファニー・シーモア、ケイト・アップトン、ララ・ストーン、カロリナ・クロコヴァ、カニエ・ウエスト、アリシア・キーズ、ケイト・ブランシェット、キルスティン・ダンスト、ビヨンセ、サラ・ジェシカ・パーカー、坂本龍一など